即日引越体験・引越し料金7万円→23,000円に減額!

即日引越体験-業者探し

私がインストラクターを務めているスポーツジム5号店を出そうとしている時でした。

 

私が勤務している店から20q離れた街への出店でした。
開設スタッフが翌月のオープンを目指していました。
派遣されたスタッフは、直前に迫った慌ただしさに朝早くから深夜まで忙殺されていました。

 

そんな時、本社から派遣されたシニアインストラクターさんが
交通事故で入院するアクシデントが起こったのです。
そのシニアインストラクターさんは現地採用のインストラクターを育成するために派遣されていたのです。

 

まだ育成しきれていない現地採用のインストラクター育成と、
遅れ気味の新規店舗オープンを間に合わせるため、
近隣店舗インストラクターの私が急きょ、派遣されることになりました。トホホ。

 

 

急な人事異動!全社挙げて私を急がせる

 

センター長から異動を告げれれたのはその日の夜でした。
「先方は急いでいるから、明日引越しで、明後日業務着任。このスケジュールで行動してほしい」と。

 

東京の本部からも、人事異動の連絡がてらに
すぐに移動するように督促されました。

 

人事異動の連絡というよりも、
今すぐにでも着任してほしいという命令口調でした。

 

私が新規店舗に行くことが伝わると新規店舗の責任者からも
「すぐに来てほしい!いつ来てくれるか?」と、
電話で何度も矢の催促…。

 

 

そうはいっても、すぐに引越しの準備に取り掛かれません。
その日は、夜10時までシフトが入っていて、
私担当のエアロビクス・プログラムが2つ入っています。

 

結局、最初に行った引越し準備は引越業者探しです。
エアロビクスプログラムの合間に、タウンページとスマホ
引越業者をピックアップしていき、翌朝一番に片っ端から連絡して、
その日に引越しを引き受けてくれる業者を見つけるのです。
「でも、その日にお願いして、引き受けてくれる業者っているの?」

 

正直、そんな気持ちで業者をリストアップしていました。

 

 

当日引越しを引き受けてくれる業者っているの?

 

強制的に休みにさせられた翌日。
着替えもしないまま、
朝一番から、リストを見ながら引越業者に電話です。

 

1時間ほどで繋がった業者は10社。
その中で、その日、希望の時間で、引き受けてくれるの1社でした。でも値段は7万円…。
職場はコストカットで、
費用を全額出してくれないから本当に困りました。

 

 

引越業者一括見積もりサイトで簡単決定

 

あまりにも高いと思った私は、
引越業者一括見積もりサイトを利用しました。
驚くことに、割安料金ですぐに来てくれる業者が簡単に見つかりました。

 

見積もりサイトの申込みボタンをタップして20分後、
2万3000円で、30分後に引越作業をしてくれる業者が見つかりました!
これは安い!
これだけ下げてもらえれば、どの業者が良いかなどコストパフォーマンスを考えなくて良いです!

 

急ぎの引越しは慌てるものですが、
引越し業者も空きを埋められるのです。
お互いにメリットがあり、引越し業者もすぐに枠を埋めたいから安い金額で予約できてしまうことがよくあるのです。

 

即日引越体験-引越し開始のページに進む


急遽引越しTOPページ 当日申込み可能業者 7万円→2.3万円に減額 注意するべき3つのコト 全部やってもらうプラン