「明日・明後日に引越したい!」前日、2日前、3日前に申し込みできる引越し業者は?

明日、明後日、最短で引越してくれる業者の選び方

明日、明後日の引越しを引き受けてくれる引越業者選びも、
引越業者一括見積りを利用することで、
簡単に業者を見つけることができます。
最短での受付ができる業者が連絡をくれますから。

 

キャンセル受けて直前に空きができてしまった業者はいますから。
例えば0123アート引越しは2日前までキャンセル無料です。(ヤマトはキャンセル料無料)。
直前に枠ができて、予約が取れることはよくあります。

 

というわけで、引越し2日前・3日前、緊急の場合も、
引越し一括見積りで見積もりを出してきた業者を比較検討して決めればいいのです。
前日、2日前に引越し業者を予約

 

当日の引越しもこの方法で引越業者を探し出し、選別して業者を決定しますが、
明日、明後日引越の場合は、少々時間があるので、
こちらの都合を優先できるように交渉できる有利な点があります。
引っ越し業者と料金面を話し合う時間が少しありますね。

 

 

明日、明後日引越しでも交渉して有利にする

 

 

明日や明後日の引越しの場合、
一括見積りで見積もりを出してくる業者は、当日引越の場合よりも、多くなります。
引越し業者としても、スケジュールを組み直したり、
スケジュールの合間に入れてくれたりしますからね。

 

私が翌日引越しをしたとき、10社のうち7社から見積もりを受取りました。

 

当日引越の場合
引越し時間を優先しなけれがならないという制約を優先しなければならず、
見積もりに従わなければなりません。
やってもらえるだけありがたいと考えるべきでしょう。

 

でも、明日や明後日の引越しの場合、時間に少しだけ余裕があるので、
見積もりが出された業者に値段交渉や
ダンボール、養生などのサービス競争をする余地があります。

 

 

値段交渉!

 

業者の選定は、各社の見積もり内容全体を検討して、
一番自分の引越しにふさわしいサービスをしてくれる業者を見つけ出します。

 

自分の引越しにふさわしいサービスとは、節約するために一番安いプランで行くのか時間がないから全部やってもらうプランでやってもらうのか。です。

 

直前だと、引っ越し業者がトラック・人員の手配ができず、「全部おまかせプランは無理です」と言われることもあります。

 

そして、その業者よりも安い見積もり額を
出している業者の見積もりを示して、値段交渉するのです。

 

一つ注意点があります。

 

直前の申込は、料金交渉している間に引越会社の空き枠が他の人に取られてしまう可能性があります。
もたもたしている間に埋まってしまったということもよくあります。
他にも急いでいる人はいますので。

 

枠がなくならないうちにパパッと料金交渉をして、業者を確定したいものです。

 

さて、この時、あまり強気な交渉は、墓穴を掘ることになりかねません。

 

「御社に引越を依頼したいけど、この業者の金額が気になるんですけど、
御社の見積額、何とかなりませんか?」

 

「こちらの業者は、値段は同じくらいなんですけど、
段ボール箱を15箱つけてくれるんですよ。
御社ではそれはどうでしょう?」

 

この程度、やんわりと値引き交渉しましょう。あくまでやんわりとね。

 

 

引越し着手時間は要注意

 

明日、明後日という急な引越し場合、
業者としては、すでに埋まっているスケジュールのスキマ時間を埋める目的があります。

 

こちらが希望した時間どおりに引越作業を開始してくれる業者ばかりならいいですが、
中には、30分あとや1時間あとの時間を打診してくる業者があります。

 

この業者には注意が必要です。
こちらの希望時間の前に引越しを請け負っていて、
それが終わり、駆け付けることができる時間がその時間である可能性があります。

 

つまり、前の引越しが予定通り進めばその時間で開始できるのですが、
現実的には引越し作業の開始が遅れるというのが一般的です。
30分、1時間あとという業者の見込みは、おそらく、それ以上に遅れると覚悟したほうがいいです。

 

特に、午後から引越し開始を希望しているときは、
午前に1件、2件の引越しを入れている可能性があります。
1件の遅れは2件目に影響し、2件目の影響はさらに3件目に影響します。

 

当日中に引越を開始して新居に搬入を済ませたい時、
このような業者は除外して予定時間通りに来てくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

明日、明後日、3日後くらいの引越しは、
あくまでスケジュールが空いている時間帯で予約が取れるのです。
クレーンで3人がけソファーを吊り上げる」「ピアノを搬出する」など
大掛かりなオプションを付けたいとなると対応できないこともあります。

 

全部やってもらうプラン(おまかせパック)はスタッフ人数が通常より必要になります。
「明日(明後日)引っ越したい!」という時には前もって引越し業者に伝えた方が良いです。
一括見積もりに「おまかせプラン希望」の旨書いておき、対応できる引越し業者とやり取りしましょう。

 

最短で引越業者に来てもらう・直前予約に関しては

1.一括見積りを申し込む
2.スケジュールが空いてる業者から連絡をもらう
3.その時にオプション詳細を話し合う
4.引越し料金確定・契約

という流れが良いでしょう。

 

即日引越体験-業者探しのページに進む

ズバット引越し!!

引越しの達人

引越し侍

ずばっと

すぐに対応してくれる引越しサービスが見つかるNo1。条件を入れて見積もりすると、スケジュールの都合の良い業者から連絡があります。スケジュールが合わない業者からは連絡がありません。今日・明日すぐに引っ越したい場合の引越し業者比較に向いてます!!

達人

急いで来てくれる引越し業者を探しやすい引越し一括見積もりサービス。引越し日時、荷物、場所の情報を入れるとすぐに連絡をもらえます。引越しの達人は「達人」だけあって、口コミ・評判も良く、特典もあるので、検討してみることをおすすめします。

Homes

引越し代金最大50%OFF!!サカイ引越し、アーク引越しなどの大手引越しセンター始め、引越プロロ、グッド引越しセンター、エンゼル引越しサービスなど丁寧な引越し会社からの見積もりも比較できます!!ここも急ぎの引っ越しに◎!!
引越し即日、当日に予約できる引越し業者 TOPページに戻る

急遽引越しTOPページ 当日申込み可能業者 7万円→2.3万円に減額 業者選びのコツ 料金相場